【路地裏のテイクアウト飯】池袋でビリヤニといったらマルハバ一択

 

 

おはこんばんちわ👐

ビリヤニって知ってます?

日本ビリヤニ協会(そんなんあるんかい)のHPから勝手に抜粋すると

ビリヤニとは、インドやその周辺国で食べられているスパイスとお肉の炊き込みご飯です。またパエリア、松茸ご飯と並び世界三大炊き込みご飯の1つと称されています。

だそうです。

都内でもビリヤニが食べるところって多くはないと思うんですが、池袋でもインド・パキスタン・ネパール系のカレー屋さん激戦区の割に、このビリヤニを提供しているところが少ない。

なんでか?

たぶん手間がかかるからではないでしょうかね🤔

インドの高級米である「バスマティライス」を一旦茹でた上で、具材とスパイスと米を交互入れた鍋で炊き込むんだとか。

また定義においても、日本ビリヤニ協会のホームページより抜粋すると

インドでもビリヤニの明確な定義はありませんが、日本ビリヤニ協会は下記の条件を満たしたものをビリヤニと認めています。

  • インドの高級米「バスマティ」を使用していること。
  • フライパンで炒めておらず、「パッキ、カッチ、生米(ヒンドゥー式)」のいずれかの作り方を用いていること。
  • 2種類以上のスパイスを使用していること。
  • イスラム教の教えにのっとり、お肉を使用する場合は「豚肉」以外であること。

とあるので、メンドくさそうですね。

調理工程の手間に加え、サフランライスですら高いのでターメリックで代用するところも多いと聞きますから、バスマティライスという特殊な高級米と言うこともあって提供できるお店が少ないんではないかと推測。

で、じゃあそのビリヤニはどこで食べられんじゃいってハナシで、「マルハバ」が数少ないビリヤニが食べられるお店なんじゃいってことで、池袋では一択なんじゃいというハナシなんです。

ここじゃい👇ドン

 

【テイクアウト飯】と言いつつも、今回は店内で食べました笑

何年か前はよくテイクアウトしてたんです。

事務所仕事しながら、お昼になると「マルハバ」のビリヤニとか、「楊」の汁なし担々麺とか、「ミトヤ」のお弁当とかをランチ買い出し部(後輩)が買ってきてくれて🤤

独立してすぐの時で、あの時は毎日お昼が楽しみでしたね笑

 

セットをチョイスしてるので、ドリンクが付いてきます。

ラッシーにしようかと思いましたが、気分的にアイスコーヒーを。

 

そんでビリヤニがこれじゃい

マルハバ池袋ビリヤニ

 

量はかなり多いです。

一番人気はチキンビリヤニらしいですが、ワタシはいつもマトンビリヤニ。この中にマトンがゴロゴロ入っております。

見た目に反して(?)結構スパイシーで、一度口にしてみるとほどよい辛さが刺激になってモグモグパクパクが止まりません💦

そして、一番人気のチキンを頼まない理由の1つはコレ👇

 

タンドリーチキン🐓(チキンが被るので笑)

このタンドリーチキンも結構大ぶりです。

味付けも一般的な他店のタンドリーチキンより塩気が強い?気がしてメチャクチャうまー。

メニューにあるタンドリーチキンは、このサイズが2つのもので1,000円になるディナー用のしか載っていないのですが、ハーフ(半分)でもオーダーできるので、1人の時はいつもハーフです。

 

つって。

 

そんな「マルハバ」ですが、久々に来訪しましたがやはり優勝🏅

場所的には目立たない&池袋駅から少し離れていて、決して立地は良いといえる場所にはないですが、激戦区池袋で古くから鎮座する理由も頷けます😏

また、ワタシは未食ですが羊の脳みそを使った「ブレンマサラ」やパキスタン風カレー煮込みの「カラヒ」というのも看板メニューで評判だとか🤤

というか、マルハバ欲がふつふつと湧き上がってきたので近日中に「ブレンマサラ」食べたいな〜なんて思ってます笑

 

と、言ったところで誰かの明日のランチやテイクアウトのお役に立てれば是幸い😉

 

それでは、今日はこの辺で〜👋

 

→もっとB的なグルメネタを見る

 

バスマティライス BASMATI RICE インド産 白米 (1kg)

ビリヤニ食べ比べ7種類セット – オリジナル、ボンベイ、シンディ、マライチキン、マトン、カラチ、ピラフ ビリヤニ レシピ付き(辛口)