【路地裏のテイクアウト飯】池袋カレーは飲み物。で夜もガッツリ

 

 

おはこんばんちわ👐

今日は何気にインスタにもアップしてなかった「カレーは飲み物。」です。

いや、飲めませんて。ってハナシですが、それはさておき。

路地裏ちゃうやんけ。というツッコミもさておき。

実は、「カレーは飲み物。」は、何年か前に池袋にオープンしたての頃に数回行ったものの、並ばないと入れない人気店になってしまったのでなかなか行く機会もなくなっていました。

お店の前の通りを、北池袋方面へ行くと「なぜ蕎麦にラー油を入れるのか」という看板が人目を引く「壬生」というお店があるんですが、そこのカレー業態という噂を耳にしてオープン当初に行ってます。

新橋の「港屋」を彷彿とさせる蕎麦×ラー油の組み合わせの「壬生」も好きだったので、そのカレー業態ってんだからかなり期待して来訪ました。

が、赤の鶏カレーと黒の肉カレーは当時から変わらずでしたが、ワタシが最初にチョイスしたのは「赤の鶏カレー」で、これは何でかわかりませんが、残念ながらその時はあんまりハマらず。。

ワタシはだいたいどの飲食店でも1回で判断はしないので、2回目に「黒の肉カレー」を注文したら、「あ、この店はこっちなのね」と妙な自己完結をしたのを覚えています笑

ほどなくしてお店はテレビ等でも取り上げられるようになり、行列ができてしまっていたので、ほんとにお客さんの引いたタイミングと自分の腹ペコ感が合致するときぐらいしかいけなくなっていました。

そんな人気店の「カレーは飲み物。」ですが、20時すぎるとどこの飲食店もしまってしまうコロナ禍の昨今において、難民化していたワタシの行く先を、煌々と店内の灯が照らすものでちょいと近づいてみると。。

テイクアウト飯 池袋 カレーは飲み物

 

ででん。

そんで、なんとテイクアウトは21:30までやってるとのこと。

早速「黒の肉カレー」の食券を買い、小盛り200g・中盛り250gが950円、大盛り350g・山盛り450gが1,000円だったので、もちろん山盛り450gをチョイス。

トッピングは4種類がデフォルトで付いてます。(通常は3種選べますがテイクアウトは決められてます)

 

ぱかー。ってこんな感じ。

 

具材ゴロッゴロのカレーをかけて。。。

 

4種のトッピングをマウント。

 

まるでバケツ笑

 

 

🤤🤤🤤🤤🤤

 

つって。

 

ほんとに21時30分までやってくれてるのはありがたいですね😭

1日の終わりがコンビニ弁当もカップラーメンてのも味気ないし。

ちなみに、元号が「令和」に変わる数日前、看板が👇こんなことになってました。

 

すぐ元に戻ってましたけど、数日のためにこんな事するんだからなかなかクレイジーです笑

池袋以外にもテイクアウト可能店はあるそうなので、詳細はホームページをチェックしてみてください。

カレーは飲み物。

 

それでは、今日はこの辺で〜👋

スパイスカレーを作る-自分好みのカレーが作れるメソッド&テクニック-(¥2,750)

 

最新MIX CD「2 and fro-Stroll-」(1,650円)好評発売中!

レゲエ~ヒップホップ~ソウルを縦横無尽に行ったり来たり(=to and fro)する痛快クロスオーバーミュージックジャーニーシリーズ最新作!!

前作「Replace」のアグレッシブな路線を踏襲しつつも、哀愁とメロウネスも閉じ込めた35曲69分の寄り道迷い道オトナのぶらぶら散歩!

 

・MIX CDやDL購入はコチラから↓

→Check My Stores(Break Room & MIX CD)

 

・DJ動画「Break Room」のサンプルや登録はコチラから

→Break Room(Sample)

 

平日限定フリーミックスページ”Break Room Music”にてフルMIX公開中!!

  • BOUND Vol.1(Modern Boogie/Elegant Funk)
  • Bee’s Knees 45s Mix Vol.1
  • Break Room Vol.1〜Vol.3(音源のみ)
Listen To Break Room Music🎧

 

Break Room Music(平日開放フリーMIX)





spoon radio Japan


メルマガ会員募集中!!(工事中⛏)



Bee’s Knees Recordsでは、ブログの更新情報の他に、メルマガ会員様限定のサービスやSALE情報、クーポンコードの発行、新商品のご案内など発信いたします。

是非ともご登録くださいませ😌

[subscribe2]

 




[eo_calendar]

Author

Shingo Takahashi
Bee's Knees Recordsを運営、DJとしても都内を中心に精力的に活動中。(B)な音や(B)なグルメなど世の中の(B)面を愛してやまない一児のパパです。