【私的一曲】Greg Perry / Come On Down

 

 

1月に入ってからの寒かったり暖かかったりの気温の上下にアウターのチョイスをミスるのが何気にストレスだったりします。

おはこんばんちわ👐

先日アップした記事の【MIX CD制作】選曲や曲順の決め方はどうする?Road To “2 and fro-Stroll”がToo muchなアクセスでビビっとります。

注目されるのはうれしい事ではあるのですが、先日開始したサブスクサービス「Break Room」の記事を追い抜いていく勢いってのも少々複雑。。笑

ま、時間があれば覗いてみてくださいマシマシ👇

【MIX CD制作】選曲や曲順の決め方はどうする?Road To “2 and fro-Stroll”

 

そんでまあ関係ないんですけど、最近インスタのリールってのもチョイチョイやるようになったんですが、なんせ15〜30秒という短さなので、普段のポストみたいにはできないな〜とか思いつつもできる事考えながらやってます。

しかも、ショップアカウントの@bees_knees_recordsでは15秒と30秒が選択できたのに、ワタシのメインアカウントの@shingo_takahashi_iudpではナゼか15秒しか選択できません。

なもんで、MIXしてる動画あげても何が何だかなんで、スクラッチとかわかりやすい感じ(自慢できるほどのもんでもないですが笑)をクローズアップしてやってみてマス。

アカウントある方は是非ともチラ見ーヒルズしてください。(ふぉろみー@shingo_takahashi_iudp

あと、過去のDJプレイのポストも100件近くあるので、見やすいようにジャンル等でまとめてYouTubeにでもアップしてみようかな?とかぼんやり考えたりしてます。

一応、Bee’s Knees Recordsでプレイ動画をいくつかアップしてたチャンネルもあるんですが、Googleアカウントが複数あると、このブログのアドセンス的にもまずかったので、Bee’s KneesのGoogleアカウント削除したらYouTubeログインできなくなって放置状態に。

なので、Shingo Takahashi的にチャンネルを作りなおさなきゃいけないというところがあって、それがまずメンドイ。

仮にどんだけ再生されたところで広告収入は楽曲の著作権者に配分されるので収益化も考えられないってのもあって「今やらなくてもいいかな」的な世界。

まあ時短要請により、DJ現場壊滅で夜の時間だけは結構ありますから、今のうちに重い腰をあげられるようには考えています。

 

さて、なんだかんだ言ってこの【私的一曲】も前回書いたのが11月10日だったってんだから2ヶ月以上経ってしまっていてそれもビビってマス。

本来、この記事はハウツー系に比べるとサッとかけるもんで、困った時は…なんて思っていたのですが、なんせレコードがどこに何があるかわからない状態のまま2020年も越して、DJ現場もない現状だとどうしても「探す」行為がかなり億劫。。

パッと取れるレコードや届いたばかりのレコードを弄り倒す毎日なんで、ちょうどソレっぽい曲がないような気もして二の足踏んでおりました。

したら、なんかの拍子にコニャニャチワしてきたGreg Perry / Come On Downが仲間になりたそうにコチラを見つめていたので、じつほんの【私的一曲】に。

Greg Perry / Come On Down

 

Greg Perry / Come On Down(Get Your Head Out Of The Clouds)

 

この曲はホントに大好きな曲で、むしろなんで今まで出さなかったかというくらい。(実は以前書いたんですがなかった事にしています笑)

アルバム「One For The Road」に収録、Jeezy「Word Play」やBeanie Sigel feat. Rell「Look at Me Now」、Wisemen「Faith Doctrine」などでサンプリングされたメロウモダンソウルです。

 

2020年に亡くなったHoney ConeのEdna Wrightが、夫であるGreg Perryプロデュースのソロアルバム「Oops! Here I Go Again」でもカバーしておりますが、こちらも雰囲気違ってヒジョーにグッときます泣

Oops! Here I Go Again [Analog]

Oops! Here I Go Again [CD]

 

このGreg Perry「Come On Down」は、ワタシもMIXにも収録したいとずっと思いつつも、このイントロの入りかたどっから使うか問題にベストアンサーを見つけられず、BOUND Vol.3では収録候補にも入れながら同路線のOne For The Road」を最終チョイス。

いずれ「Come On Down」を輝かせらるような布陣が見つかるように感性と技術を研ぎつつも、動画コンテンツ「Break Room」に一旦落とし込むのもいいかな🧐

「Break Room」に関しては現場(LIVE配信含)とMIX作品の中間的な捉え方で、自身の実験的な場でもあるとも考えているので、現場でかけ続けてブラッシュアップされていくように、収録曲が過去分と被っても多角的なアプローチを楽しんでもらえたらとも思っております。

まずは安易にドあたまに持ってくるだけかもしれませんが笑

ちなみに、ワタシの場合MIX CDなどの作品に関しては、アーティストやプロデューサー縛りなどのよっぽどなコンセプトでもない限りは、過去のタイトルに収録した曲は当然被らないようにはしているんですが、他のDJがみなさんどういうスタンスなのかはワタシも知りたいところでもあります笑

 

この曲は7インチも3枚、アルバムも2枚だったかな?持ってたくらい「好き」が過ぎるんですが、いくら好きでもそんなにいらんやろってのはごもっとも。

こんなに好きなのに、針飛びやノイズ、7インチはUS盤のスチレン盤が多くて2枚はキューバーンになってしまったりでなかなか縁がなかったもので思い入れも強し。

現在は写真にもあるDJユースなブラジル盤(ヴァイナルプレス33rpm)を手に入れて愛用しとります🥰

7インチは昔からそんなに高くはないけどめちゃいい曲なので、見つけたら確保がオススメ。とくにヴァイナルプレスは見かけないデス😏

ヴァイナルプレスとスチレンの見分け方はどうやるの?って方もいるかもしれませんね。しかしながら今日はまたダラダラと長くなってしまうので、それはまた今度別の記事にでも書くとします✍️

 

つって。

 

そんな感じで久々に一曲紹介かけたところで今日は〆〼。

 

それでは、今日はこの辺で〜👋

 

 

Greg Perry / One for the Road 

 

 

過去の【私的一曲】コチラ

・Sylvia / Lay It On Me

・Rare Gems / You’ve Got My Love

・Main Ingredient / Instant Love

・Adriana / Contigo

・Fifth Avenue Feat. Carol Townes / Love Has Found My Heart

・Little Madeline / Emotion

・Dennis Brown / Let There Be Light

・Brenton Wood / Better Believe It

・Ester Byrde / Touch Me – Take Me

・Tom Brock / I Love You More And More

 

 

手元も見える俯瞰カメラと正面の2点撮影マンスリーMIX動画「Break Room」(サブスクリプション)

【DJ動画】マンスリーDJ Mix「Break Room」サービス開始🏁

 


※当店取り扱いのMIX CDをタイトルにかかわらず1枚でもご購入いただいた方は、お会計の合計金額が3,000円以上で10%オフ&メール便無料🔥

当店販売中のMIX CD全タイトルはコチラをクリック

最新MIXはSOUL 45s MIX!!

BOUNDシリーズ第3弾は”Beautiful Black Soul 45s”!!黒く美しい哀愁系Soulをオール7インチでじっくりMIX!

心に沁みるグルーヴ👍

◆Bee’s Knees Recordsはコチラ
◆STORES.JPはコチラ◆

 

 

Reggae HipHop Soul 45s MIX!!

Shingo Takahashi / 2 and fro-Replace-

レゲエやジャマイカンソウルをヒップホップマナーでソウルフルなグルーヴでMIXX!!

エクストラCDとしてカバー曲オンリーのLovers Rock MIX「BOUND Vol.2」付属、無料DL特典有り!!

◆Bee’s Knees Recordsはコチラ◆
◆STORES.JPはコチラ◆

 



高額案件多数!フリーランスエンジニア求人なら【joBeet】


メルマガ会員募集中!!



Bee’s Knees Recordsでは、SNSでの新着アップ情報の他に、メルマガ会員様限定のサービスやSALE情報、クーポンコードの発行、新商品のご案内など発信いたします。

是非ともご登録くださいませ😌

→メールマガジン登録

 




3月 2021
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
« 2月   4月 »

 

 

 

Author

Shingo Takahashi
Bee's Knees Recordsを運営、DJとしても都内を中心に精力的に活動中。(B)な音や(B)なグルメなど世の中の(B)面を愛してやまない一児のパパです。