【MIX CD制作】謎クリエイターNADENECO制作ジャケデザインが到着|Road To “2 and fro-Stroll”

 

 

おはこんばんちわ👐

GW中は2日くらい家族で過ごせる日をつくっていたのですが、色々あって今週いっぱい保育園をお休みにしてしまったので、ママんが働いてる日中はワタシが子どもの面倒をみなくてはってことで思うように仕事ができまへん😂

で、昨日なんかは午前中からフルマックスで家事育児とか公園で遊んだりして、休む間も無く16時から22時頃まではぶっ通しでレッスン入ってたのでさすがに帰宅して寝落ちしました😩

つまり、ブログに手をつける暇がなかったという言い訳です笑

で。

 

今日はとうとうMIX CD制作が大詰めに入ってまいりましたよというハナシ。

現在、音源の方はマスタリング作業に入っておりますが、一旦返ってきたものをチョイチョイと気になるところを注文をつけてラリー中。

ってな間にナゾのクリエーターNADENECOことタイくんに依頼したジャケットデザインがやってきたのです。

「ナゾ」とか言っておりますが、ワタシはずっとお願いしているグラフィックデザイナーです。

というかそもそも今の今までデザインつったらタイくんにお願いしていて、ウチのロゴもタイくん制作だし、カブキラウンジでやっていた「Bee’s Knees」のフライヤーもお願いしておりました。

 

最近ではIMUHA BLACKさんのアルバム「THE CLASSIC」のブックレット含むアートワーク全般を手がけたり、1an(Sour Inc.)さんのMIX CDFootprints of MF DOOM」のジャケットもデザインしていますね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

撫猫たい(@nadeneco)がシェアした投稿

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

撫猫たい(@nadeneco)がシェアした投稿

 

ちなみにワタシはTシャツもこんなとかも愛用しとりますし、板橋区の野外イベントBridge PartyのTシャツをつくったこともあります。

まだあるけどとりあえず白ばっかでてきた😅

 

 

インスタのポストではアルバムカバーアートをはじめ、カッチョいいコラージュ作品を投稿しているので、気になる方は@nadenecoくん要チェックです☑️

 

で。(2回目)

 

前回の「Replace」ジャケはこんな感じ

Shingo Takahashi / 2 and fro-Replace- reggae soul hiphop 45smix

前作同様「行ったり来たり」を意味する「to and fro」をベースコンセプトにした一期一会の34曲66分の旅路は、寄り道迷い道、一本道ありのレゲエともソウルともヒップホップとも一括りにはできない大人のぶらり旅。 刮目に値するブラッシュアップされた入魂のミュージックジャーニー第2章!

というコンセプトのもと、前作の「2 and fro(無印)」が固定化されたレーンのイメージだったのに対して、本作の広大な風景は流転をイメージしたReplaceのジャンルレスな世界観にマッチング。

全体的な質感としては放浪の天才画家山下画伯のような懐かしくも安心できるような雰囲気を表現しつつ、この世界に誘う花を隠し持ったMIXを擬人化したあやしい要注意人物が、ミステリアスで緊張感をプラスしている。

といった感じ。

 

からの、今回はこんな感じなのダ!ジャジャン!

 

 

すごーい。

自分ではこのカラーリングというか緑の空は思いつかないです。

Stroll」の意味は、タイトルの2 and fro(to and fro=行ったり来たり)にも被せてますが、散歩をするとかぶらぶらするといった意味。

加えて、英語慣用句「take a stroll down memory lane」となると、「追憶の小径をたどる、昔を懐かしく思い出す」というイディオムもあるので、そんな意味合いも含んでおります。

 

どこか初夏をイメージさせる懐かしくもある風景の配色はよく見ればラスタカラー。ラスタはヒンズー語で「道」

レゲエ〜ソウル〜ヒップホップを行ったり来たりして、寄り道迷い道一本道ありの一期一会のミュージックジャーニーである2 and froの旅路も突き詰めれば「道」

中央のギリギリ人間のような案山子のような「人型」は、散歩をしたり過去に思いを馳せることができない忙しい人間のメタファーかもしれない。

とのこと。

物憂げながらも明るい将来へ向かっているようにも見えるし、もしかしたら追憶に囚われて、或いは日常に忙殺されて、美しい景色が見えてないのかもしれない。

前作同様、ポジティブで明るい背景に安堵感ある一方で、ナーバスさや違和感も同居するシュールレアリスムのような不思議なデザイン。

イメージの解釈については受け手に委ねるとNADENECOタイくん本人も名言していますが、ワタシ自身もMIXのイメージを彼の解釈でデザインに落とし込んでもらっているので、ここの解釈の行き来も面白いのです😉

もっと暗い感じのデザインがくるかと勝手に思ってたんですけど、完全に意表をつかれましたね笑

 

つって。

 

さあ、リリースまであと少しといったところですが、リリース前であればBreak Roomサブスク会員登録でもれなく発売日当日にご自宅に無料でお届けできますので、ご興味ある方はゼヒとも👇のリンクから詳細チェックよろしくお願いします😉

 

それでは、今日はこの辺で〜👋

 

関連記事👇

  1. 【MIX CD制作】選曲や曲順の決め方はどうする?Road To “2 and fro-Stroll”
  2. 【MIX CD制作】イメージは固まったので道筋立ててみるRoad To “2 and fro-Stroll”
  3. 【MIX CD制作】録音始めたら結構進んだRoad To “2 and fro-Stroll”
  4. 【MIX CD制作】しっくりこないので色んな繋ぎ方を試してみたRoad To “2 and fro-Stroll”
  5. 【MIX CD制作】録音は終わったけどまだまだRoad To “2 and fro-Stroll
  6. 【MIX CD制作】最終工程のマスタリングを依頼してみたRoad To “2 and fro-Stroll”

 

・MIX CDやDL購入はコチラから↓

→Check My Stores(Break Room & MIX CD)

 

・DJ動画「Break Room」のサンプルや登録はコチラから

→Break Room(Sample)

 

平日限定フリーミックスページ”Break Room Music”にてフルMIX公開中!!

  • BOUND Vol.1(Modern Boogie/Elegant Funk)
  • Bee’s Knees 45s Mix Vol.1
  • Break Room Vol.1〜Vol.3(音源のみ)
Listen To Break Room Music🎧

 

Break Room Music(平日開放フリーMIX)





spoon radio Japan


メルマガ会員募集中!!



Bee’s Knees Recordsでは、SNSでの新着アップ情報の他に、メルマガ会員様限定のサービスやSALE情報、クーポンコードの発行、新商品のご案内など発信いたします。

是非ともご登録くださいませ😌

→メールマガジン登録

 




6月 2021
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
« 5月   7月 »