【R.I.P】クリーンアップウーマンで知られるベティライトが死去

昨日も少し触れましたが、偉大なソウルシンガーであるBetty Wrightが亡くなられました。

癌を患っていたそうで66歳の若さだったとのこと。ご冥福をお祈りします。

Betty Wright(ベティ・ライト)と言えば、Clean Up Woman(クリーンアップウーマン)が有名ですが、そのクリーンアップウーマン収録の名盤「I Love the Way You Love」はブラックミュージックファンであれば誰もが一度はジャケも見たことあるんじゃないでしょうか?

アイ・ラヴ・ザ・ウェイ・ユー・ラヴ・ミー

 

Clean Up Woman(クリーンアップウーマン)はヒップホップネタとしても有名で、Mary J Blige「Real Love(Hip Hop Club Mix)」他、Sweet Tee「It’s Like That Y’all」や、Willie D「Clean Up Man」など多くのアーティストにサンプリングされた曲でもあります。

 

日本では小沢健二「ラブリー」でも印象的なギターリフが引用されたりしたので、これで知った方も多いのではないかな?ワタシは「今夜はブギー・バック」で小沢健二を知って、「ラブリー」がベティ・ライトのネタだというのを後に知りました。

 

このクリーンアップウーマンのギターを弾いたのがリトル・ビーバー(Little Beaver)とのこと。リトル・ビーバーも「Party Down」などがヒットしたマイアミソウルの重要人物です。

 

Party Down (Limited Gold Vinyl)

 

Little BeaverにClarence ReidやJimmy “Bo” Horne、Milton Wright、The Beginning Of The End、George McCraeなどを輩出した、陽気さやレイドバック感などアメリカ南部フロリダのリゾート感を感じさせてくれる独特のソウルフィーリングがマイアミソウルです。

ちなみにJimmy “Bo” Horneによる知る人ぞ知るアンサーソング「Clean Up Man(クリーン・アップ・マン)」てのも同じマイアミソウルの老舗レーベルAlston Recordsから出てたりします。ちょっと歯切れ悪く感じますね笑

 

kickin 6 : TK Miami Funk Mix : DJ Daisuke Kuroda

 

 

クリーンアップウーマンがクラシックすぎますが、「Girls Can’t Do What the Guys Do」「Tonight Is the Night」なんかも有名なサンプリングネタです。

先日アップした“【今日のMIX】サンプリングソース7インチでスモーキーに”って記事で「Girls Can’t Do What the Guys Do」を使っているので是非ともお時間あるときにでも見てみてくだされ。「2 and fro」にも収録。

 

関連記事↓

【今日のMIX】サンプリングソース7インチでスモーキーに

 

Tonight Is the NightはColor Me Badd「I Wanna Sex You Up」やCandyman「Knockin’ Boots」で使われた夕焼け系ほっこりメロウソウル🌆

 

と、まあサンプリングネタとしてこんだけ並べましたが、代表的なものだけでもこれほど有名な曲が次々でてくるというのは世代を超えて愛されているという証であります。

 

また、ベティ・ライトはプロデューサーとしても活躍し、Gwen McCraeのモダンソウル人気曲「All This Love That I’m Givin’」含む、マイアミソウル名盤「Melody Of Life」を手がけたことでも知られています。

MELODY OF LIFE ~ EXPANDED EDITION

Jennifer Lopezの1999年デビューアルバム「On The 6」なんかでもヴォーカルプロデューサーとして関わってたりするんですね。

2003年にはUKの歌姫ジョス・ストーン(Joss Stone)のデビューアルバム「The Soul Sessions」をS-Curve RecordsのMike Mangini、Steve Greenbergらとともにプロデュースし、全世界で400万枚を超えるヒットを記録するなど手腕を発揮。

Joss Stone – The Soul Sessions

 

もちろんシンガーとしても健在で、2011年にはThe Rootsと組んだBetty Wright And The Roots「Betty Wright: The Movie」をリリース。

これは当初CDしかなかったのかな?ワタシは全くノーマークで、2013年にUKのレーベルOutta Sightからリリースされた7インチカット「In The Middle Of The Game (Don’t Change The Play)」で、うっすらアルバムのBetty Wright: The Movieの存在を知りました。

レコードでは2018年のRSDに2LPとして発売。

「In The Middle Of The Game」はワタシも先ごろリリースしたMIX CD「BOUND Vol.3」にも収録しているんですが、イントロ前のスネア一発も擦って入れやすいandイントロでオーディエンスのお耳を拝借できるような導入、大好物なBPM、もちろんサビも最高🤤な曲なのでずっと現場で重宝してました。

はじめて聴いた時は「え?ベティ・ライトなの?あの?クリーンアップウーマンの?」ぐらいの感覚でしたが笑

ちなみにこれが「BOUND Vol.3」「In The Middle Of The Game」を使ってるダイジェストです(短いですが😅)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Shingo Takahashi(@shingo_takahashi_iudp)がシェアした投稿

 

Betty Wright: the Movie

 

とまあ、とてもザッとまとめた感じですが、マルチに活躍したベティ・ライトの早すぎる訃報に残念でなりません。謹んでご冥福をお祈りします。合掌

 

つって、だらだら書き連ねましたが、このブログの更新はもはや深夜から早朝がデフォルトになりつつあります。というか新着レコードのアップ時代から元々そうだったような気もしますが、なるべく頑張って21〜22時台を目指したいとか思っていました。

しかしながらここ数日はその時間に一回子どもと一緒に寝てから、起きて夜な夜な1人で酒作ってウーロンハイ飲みながらやってるんですね笑

子どもできてからもうずっとそういう体のリズムなので、1〜3時間の分割睡眠で目覚ましとか一切かけないでも勝手に起きるんです。そのかわり入眠は超早い。誰よりも早い。そして寝起きも超良い。だから深夜から朝にかけてはある意味捗るゴールデンタイム。

そんでまた8時頃起きて保育園送り出してから午前中の仕事も捗る。日中は日中の仕事して、一回寝て深夜に起きてゴールデンタイムに酒飲みながらも集中。このRhythmが今のベスト。

てな具合で、最後はベティ・ライト関係ありませんでしたが、明日は最近お気に入りのウーロンハイの飲み方について書いてみたいと思います。ウソです。

それでは、今日はこの辺で〜👋

 

3時間の睡眠で8時間分のリフレッシュができるハイパフォーマンス睡眠

 


最新MIXはSOUL 45s MIX!!

BOUNDシリーズ第3弾は”Beautiful Black Soul 45s”!!黒く美しい哀愁系Soulをオール7インチでじっくりMIX!

心に沁みるグルーヴ👍

→BOUND Vol.3商品ページへ

 

 

Reggae HipHop Soul 45s MIX!!

Shingo Takahashi / 2 and fro-Replace-

レゲエやジャマイカンソウルをヒップホップマナーでソウルフルなグルーヴでMIXX!!

エクストラCDとしてカバー曲オンリーのLovers Rock MIX「BOUND Vol.2」付属、無料DL特典有り!!

→2 and fro-Replace-商品ページへ

 


レコードバッグ「b’order line-01」最終注文受付中!

7インチ約150枚収納、12インチ、PC、普段使いまで幅広く対応するオリジナルレコードバッグ!
今回でラストの受注です!!

レコードバッグ

7インチ約150枚収納、12インチ、PC、普段使いまで幅広く対応するオリジナルレコードバッグ!

→「b’order line-01」商品詳細ページへ🏃

 


メルマガ会員募集中!!



Bee’s Knees Recordsでは、SNSでの新着アップ情報の他に、メルマガ会員様限定のサービスやSALE情報、クーポンコードの発行、新商品のご案内など発信いたします。

是非ともご登録くださいませ😌

→メールマガジン登録

 

11月 2020
       1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
« 10月   12月 »

Comments

comments

Author

Shingo Takahashi
Bee's Knees Recordsを運営、DJとしても都内を中心に精力的に活動中。(B)な音や(B)なグルメなど世の中の(B)面を愛してやまない一児のパパです。