BARREL@青山蜂


イベント詳細


DATE: 2018.06.13 Wed 18:00
First Drink ¥1000

《every 2nd Wednesday》

■GUEST LIVE
DAG FORCE


■BARREL DJ’s
DJ YAS (Kemuri Productions)
JUCO (FULL MEMBER)
MIYA
KUMIKO
Shingo Takahashi (IUDP/Bee’s knees)

■FOOD
Maince

■SHOP
Nampei Shop
Bee’s Knees Records
Kemuri Productions silk screen print

■BARREL SOUND TRAILER
https://soundcloud.com/aoyama-hachi/barrel-trailer

■DAG FORCE a.k.a Yoichiro (ダグ フォース a.k.a ヨウイチロウ)

岐阜県飛騨高山出身のRapper/Singer/Producer/Director/Lyricist。

歌うようにラップする「Blues Rap」というスタイルを確立し、 HipHopはもとより、ジャンルを超えた様々なサウンドの上で 歌い自己を表現する、唯一無二のアーティスト。 2016年よりNYに移住し、現在はNYと東京を拠点に活動をしている。 ​
シンプルなリリックに込められたメッセージ、 思わず口ずさんでしまうキャッチーなメロディーに定評があり、 UNICORN / Zeebra / KenKen (Rize・Dragon Ash) など、 作詞家、またメロディーメイカーとして、 様々なアーティストの楽曲に参加している。

人間力あふれるライブパフォーマンスが DAG FORCE の 真骨頂であり、 DJ、BAND、アコースティックなど、型にハマらないサウンドスタイルで、 あらゆるジャンルの壁/世代の壁を越え、幅広いファンを獲得してきた。 ​
20代前半から親交を持つ、金子マリ & 5th element will のライブに衝撃を受け、 以降「Rap と 歌」を融合させた「Blues Rap」というスタイルを確立してゆく。 ​
その後、日本を代表するRock Artist の「MIYAVI-雅」のヨーロッパツアーに MCとして帯同し、UNICORNの前座として武道館ライブを経験、映画「BECK」への出演や、 SUNSET LIVE 2013 への出演、全国各地のクラブやライブハウス、 カンボジアツアーを敢行するなど、日本国内をはじめ海外でもLIVE経験を持つ。 ​ 盟友KenKenや韻シスト、ムッシュかまやつ氏と共に、 Blue Note Tokyo / Nagoya / Billboard Osaka ツアーに参加。 またドキュメンタリー映像の監督・プロデュースを行うなど、 既存の型にハマらな独自の表現力、スタイルを持った唯一無二のアーティストである。

2015年末に一児の父となり、2016年からNYへ移住。 現在は、日本と米国、両国をベースに活動をしている。


■DJ YAS (Kemuri Productions)
’90 年代初頭よりサンプリングでの楽曲制作を開始し、独自のスタイルを確立。’95年にランプ・アイのDJ兼トラックメイカーとしてデビューし、’96年に ジャパニーズ・ヒップホップ・クラシックとして名高い「証言」のプロデュースを手がける。雷家族、ケムリ・プロダクションとしても活動する一方で、国内外 の様々なアーティストのプロジェクトに参加し、膨大な数のプロデュース&リミックス作品を発表。ソロ名義では二枚のフル・アルバム『ライト』(’00 年)、『Smoking Gun』(’05年)をリリースした他、Tommy Guerreroとの共作によるミニ・アルバム『Angler Fish』など多数の作品を世に送り出している。16年目に突入したデジタル・ラジオ番組『Delicious Sounds』(STAR digio 466ch)では、Ben The Ace、DJ Shigekiと毎週3時間のノンストップ・ミックスを放送中。
www.djyas.tokyo
instagram.com/djyas.kemuripro
twitter.com/djyas_kp

 

Comments

comments